エムカン広場

グリーン経営

グリーン経営を取得しました!

 

 

認証ロゴマーク.jpg           100903_101432.jpg

 

グリーン経営の認証とは

交通エコロジー・モビリティ財団では、国土交通省、各業界団体の協力を得て、
中小規模の事業者が多数を占める運送業者においても環境保全に向けた取り組みを
容易にするためのマニュアルを作成し、取り組むべき環境保全項目のそれぞれについて
具体的取組内容を明らかにするとともに、目標の設定と評価を容易にし、
経営規模に応じた経営のグリーン化が進められるようになっています。

環境改善の努力を行っていることを客観的に証明するため、
交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づき
一定レベル以上の取組を行っている事業者を認証する仕組みです。

登録された事業者は交通エコロジー・モビリティ財団のホームページ上にて
「環境にやさしい運送事業者」として公表されています。


グリーン経営の効果

トラック運送事業者は営利性の追及と同時に、環境保全を企業の社会的責任と捉え、
事業活動における環境負荷を軽減していくことが不可欠です。

グリーン経営とは自主的・計画的に環境対策を進めながら、経営面での向上を図っていく経営をいいます。

エコドライブを推進することにより燃費が向上し燃料費の削減ができ、交通事故を防ぐことができます。
環境保全活動に積極的に取り組む企業として、社会的評価が高まります。
従業員の自主的な取り組みにより職場が活性化し、士気が上がります。


グリーン経営の進め方

グリーン経営を進めるためには、
「自社の環境保全活動の取組み状況の把握」⇒「評価結果に基づく改善策の検討」⇒
「行動計画の作成」⇒「計画に基づく取組の推進」⇒「取組状況の把握と見直し」というサイクルによって、
環境保全活動の継続的な向上を目指すことが必要です。

トラック運送事業者が目指すべき環境保全への取組が示されている『グリーン経営チェックリスト』で
把握・評価します。
まず、現状での取組内容の整理と取組レベルの把握をし、
自社の取り組み以外にどのような取り組みがあるのか、
より高いレベルの取り組みとしてどのような取り組みがあるのかを知ることができます。